金利運用なら豪ドルが人気

オーストラリアドル運用の人気は衰えることを知りません

スワップポイントで長期運用をする場合、トルコリラや南アフリカランドより豪ドルで金利運用する人が多いです。

金利はリラやランドの方が高いのですが、安定性のあるオーストラリアドルが選ばれているのが大きな理由です。

金利狙いの取引で最も人気がある通貨

豪ドル スワップ豪ドル(Australian dollar)はオーストラリア(豪州)の通貨で、オージー(Aussie)というニックネームがあります。

通貨コードはAUDです。

貰える金利収入が多い高スワップ通貨として豪ドルは有名です。

メジャー通貨の一つで、ドル、ユーロ、ポンドの通貨に比べれば取引高は少ないですが安定した通貨です。

金利収入狙いをしているトレーダーの大部分は豪ドルを購入します。※理由は後述していきます。

下表は各FX会社ごとのスワップ表です。1日辺りの金利は数円違いますが、みんなのFXは安定して高金利を配当してくれます。

長期運用をする場合、デイトレードする口座と分けて取引をしましょう。口座開設はどこの会社も手数料0円、開設までの時間は5分です。

 

資源国通貨なのでスワップが高い

豪ドル豪ドルは、資源国通貨、コモディティー通貨と呼ばれます。

実際、オーストラリアの輸出品目ベスト3は石炭(14.2%)、鉄鉱石(8.8%)、金(5.6%)の順で、鉱物資源が全体の約40%を占めます。

そのため経済環境が良く、オーストラリア内の金利は高値を維持しており、スワップ金利も高いという理由になります。

1豪ドル100円~55円の価格がここ10年前後の推移です。55円はリーマンショックの連れ安です。オーストラリアドルは先進国通貨で一番早く回復をしましたし、金融立国ではないため盤石な国力の強さを持っています。

景気が良いため政策金利は高金利を長年維持しており、今後も利上げが見込まれます。

日本の普通預金の金利は0.02%です。これと比較して豪ドルは2%で日本より100倍金利が高いのは魅力的ですよね。

スワップ取引の詳細はこちら

キャリートレードの影響でスワップも変動

豪ドル111キャリートレードとは、金利の安い通貨を借りて、高金利を運用して金利差収入を稼ぐ方法を言います。

このターゲットになったのが豪ドルで、2001年から2005年までに対米ドルで57%上昇しました。

サブプライム問題が本格化した2007年夏以降世界各国の中央銀行が利下げを実施しオーストラリアも例外ではありませんでした。

政策金利の推移と豪ドルのスワップが2008年度には7.25%あった政策金利も2014年11月には2%に下がっています。

以前に比べて魅力は少なくなりましたが、安全な通貨として信頼性が高いのです。

南アフリカランドの5.75%やトルコリラ8.25%は、金利が高くてもカントリーリスクもあり、金利を高くしないと自国通貨を維持できないという事情もあります。

金利があまりにも高い通貨はインフレ率も高く、通貨の価値が下がり、結果為替差損でスワップ金利よりマイナスになってしまう可能性があります。

リスクを考えて、豪ドルと他の高金利通貨とを併用してリスク分散をするのも一つの方法です。

 安定したスワップ運用をするならみんなのFXが良いでしょう。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
DMMFX GMOクリック証券 64af s7g4js

お勧めFX会社

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

dmmfx
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 s46jx31
DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。
円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

dmmfxのホームページ
    

FX取引高 世界第1位! デイトレに優れている「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 GMOクリック証券
GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

GMOクリック証券のホームページ

初心者にお勧め「外為オンライン」大島優子さんでおなじみ

jh4s1n
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 s46jx31
外為オンラインは初心者に人気の会社です。

アプリでの機能も充実しており、スマホを活用して毎日の取引にも最適です。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと高機能チャートが支持を得ています。

セミナーや情報が満載で今から始める方にぴったりです。

なんとセミナー参加者の81%が「わかりやすい」と答えています。

初心者の方におすすめです。

また、スワップポイント(利息)が高く、長期売買にも適しいることと取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

口座開設の手間が少なく、約5分で情報入力が終わります。スマホからでも無理なく登録ができ、もちろん開設は無料です

初心者は1口座持っておきたいFX会社です。
*簡単な条件で5千円のキャッシュバックが貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ
    

とにかく低コスト。ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

6skjn1
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 43d31
ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX!

とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引は低コストです。 通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができ、スプレットが狭い企業では珍しく、低資金でFXを始めることができます。

豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

k67hs4

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFXのホームページ

スワップ狙いならココ!トルコリラが強い「外為どっとコム」

外為どっとコム
スプレッド
(ドル/円)
銭 原則固定(例外あり)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 DMMFX
外為どっとコムはツールの使いやすさと為替情報が豊富な事で有名な人気のFX会社です。

特にアプリでの機能はかなり充実しています

さらに超高スワップポイントがもらえるトルコリラ/円を取り扱っており、長期運用される方は持っておきたい口座です。

全体的にバランスのとれたFX会社で、しっかり丁寧に運用していきたい方は外為どっとコムが一番お勧めです。

他のFX口座をメイン口座として持っていても、為替の投資情報を収集をしたり、トルコリラ/円の取引をするためにも、外為どっとコムは必ず持っておきたい口座の一つです。

外為どっとコムのホームページ

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 外為オンライン
iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。

自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

スワップカテゴリの最新記事

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)