支持線と抵抗線で勝率UP!チャート分析とは

テクニカル分析チャート分析の中でも、支持線と抵抗線の2つのラインを理解するだけで格段に勝率があがります。明確な理由もありますので確認しましょう。

サポートラインは下値支持線。レジスタンスラインは上値抵抗線です。

テクニカルにおいて支持線、抵抗線は押さえておくべきポイントです。

FXでは特に重要な指標で、トレーダーは必ず知っているテクニカル分析手法です。

チャート機能がすぐれている外為オンラインを使うと勝率が確実に上がります。

レジスタンスライン(抵抗線)

.4hs3テクニカル分析では、抵抗線付近で上値を抑えられている回数が多いほど強い抵抗線と見ます。

抵抗線を越えた時は強いトレンドになりやすく、相場は大きく動きます。

この場合、抵抗線を抜けたら買い、抜けなければ売りで売買するのが正しいテクニカル分析です。

抵抗線が支持線に変化

x0n43sgfテクニカル分析において、抵抗線を突破すると、逆に支持線として機能します。理由はその価格帯が意識されているポイントとなるからです。

今度は支持線が下値を支えるラインになるので、注意が必要となり、図のようにラインを引いてみるとわかりやすくなります。

抵抗線、支持線はわかりやすいテクニカル分析なので是非活用しましょう。

支持線が抵抗線に変化

サポート次もわかりやすいテクニカル分析です。

何度も支えられた支持線を割り込んだ後の反発では、以前の支持線が強い抵抗線になります。

ここを上手に活用して、強い抵抗帯に価格が近づいた場合、逆張りをすると利益が取れます。

逆張りをした場合、抵抗帯を明確に抜けてしまった場合は損切りをするのがテクニカル分析においても正しい方法です。

支持線、抵抗線を越えた場合、越えた方向に急激に動いていく場合もありますが、力が足りず押し戻されることも良くあります。明確に超えたことを確認しましょう。

テクニカル分析方法

テクニカル分析3もう少し、長いチャートで実際にどのように売買をすれば勝率が上がるか見ていきます。

①②③④は支持線のため、支持線に近づいた場合に逆張りが正しいテクニカル分析です。

④は結果的に支持線を抜けて、大きな売り注文が入っています。この場合、ポジションを損切りして、売りに転じても良いですね。

⑤⑥⑦は抵抗線です。トレンドラインを引いてみて、この価格帯に近づいたら、売りで逆張りをするのがテクニカル分析による売買方法です。

abcに青いトレンドラインを引いてみると、同じ場所で跳ね返っていることがわかります。ここも抵抗線があるので、逆張りをするのが正しい方法です。

実際のFX売買は、チャートに自分でトレンドラインを引いてみるとわかりやすいです。

テクニカル分析を容易にできる初心者にも優しいFX会社は外為オンラインです。

支持線と抵抗線の節目が大切

テクニカル分析2支持線と抵抗線の節目を意識して売買をすることが大切です。

これを知らないと誤った売買をしてしまい、勝率は極端に下がります。FXの基本としてしっか身につけましょう!

支持線と抵抗線を意識しながら、他のテクニカル分析で確認すれば勝率は格段にUPします。

外為オンラインは特にチャート機能が見やすく、更に取引手数料も安いのでお勧めです。

元AKB48の大島優子さんがイメージキャラクターの「外為オンライン」
外為オンライン"

 なぜテクニカル分析なのでしょう?

テクニカル分析4ファンダメンタルズ投資家からすれば、お化けトレーダーとも言われます。

しかしファンドや海外投資家、自動売買の投資方法はテクニカル分析を利用して売買しています。

つまり意識される価格帯ということなのです。多くの投資家が抵抗線を意識して買い注文を入れなければ、買い玉は増えません。

抵抗線で売買チャンスと思い、売り注文が大量に入れば価格は下がります。そのように多くの人が意識する分析方法だからこそ、同じ手法で方向性を間違わずに売買をする必要があるのです。

その他大勢の方向性を理解して売買を行うことが正しいテクニカル分析なのです。


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
74sjg6 k7sd6s 64af s7g4js

お勧めFX会社

         

FX取引高 世界第1位! デイトレに優れている「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 GMOクリック証券
GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

GMOクリック証券のホームページ

初心者にお勧め「外為オンライン」大島優子さんでおなじみ

jh4s1n
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 s46jx31
外為オンラインは初心者に人気の会社です。

アプリでの機能も充実しており、スマホを活用して毎日の取引にも最適です。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと高機能チャートが支持を得ています。

セミナーや情報が満載で今から始める方にぴったりです。

なんとセミナー参加者の81%が「わかりやすい」と答えています。

初心者の方におすすめです。

また、スワップポイント(利息)が高く、長期売買にも適しいることと取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

口座開設の手間が少なく、約5分で情報入力が終わります。スマホからでも無理なく登録ができ、もちろん開設は無料です

初心者は1口座持っておきたいFX会社です。
*簡単な条件で5千円のキャッシュバックが貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX取引ツールの使いやすさ、情報量No.1 ※1!「外為どっとコム」

外為どっとコム
スプレッド
(ドル/円)
銭 原則固定(例外あり)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 DMMFX
外為どっとコムはツールの使いやすさと情報量でNo1(※1)の人気FX会社です。

特にアプリでの機能はかなり充実しています

さらに超高スワップポイントがもらえるトルコリラ/円を取り扱っており、長期運用される方は持っておきたい口座です。

全体的にバランスのとれたFX会社で、しっかり丁寧に運用していきたい方は外為どっとコムが一番お勧めです。

他のFX口座をメイン口座として持っていても、為替の投資情報を収集をしたり、トルコリラ/円の取引をするためにも、外為どっとコムは必ず持っておきたい口座の一つです。

外為どっとコムのホームページ
※「取引ツールの使いやすさ」「お客様サポート体制」「情報量」「システムの安定性」の4部門。 『取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』 (企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

dmmfx
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 s46jx31
DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。
円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

dmmfxのホームページ
         

とにかく低コスト。ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

6skjn1
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 43d31
ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX!

とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引は低コストです。 通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができ、スプレットが狭い企業では珍しく、低資金でFXを始めることができます。

豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

k67hs4

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック
詳 細 外為オンライン
iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。

自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

テクニカル分析カテゴリの最新記事

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)