システムトレード・自動売買

iサイクル2の設定がわからない!実は超簡単な5項目の種類と選び方

iサイクル2設定

この記事で解決できる悩み

  • iサイクル2取引ってどんな自動売買なの?
  • iサイクル2取引の設定方法が知りたい
  • iサイクル2取引の設定方法が判らない時はどうすればいいの?

この記事では、iサイクル2取引の特徴と3つの種類について解説するとともに、具体的な設定方法を紹介します。

 

記事内容を実践すれば、自動売買初心者でも儲かる条件設定で運用できるようになりますよ。

 

それでは最初にiサイクル2取引の特徴について解説しましょう。

 

iサイクル2取引の特徴

icycle2

iサイクル2取引は自動売買の一種で、事前に設定した条件に従ってシステムが自動的に売買を繰り返すことで、チャートを監視し続けなくても機械的に取引を繰り返せるのが特徴です。

 

具体的には取引する通貨ペア、取引量、想定値幅などを設定して、相場のトレンドに追従して取引を繰り返す「リピート系」の自動売買といえます。

 

簡単な設定で初心者でも運用しやすく、裁量取引で感情に流されて損失を出してしまう人や、相場分析が苦手な人でも自動的にトレンドを判断して注文を出してくれるのがメリットです!

 

iサイクル2取引の種類3つ

iサイクル2取引には3つの注文方式があります。

  1. ランキング方式
  2. マトリクス方式
  3. ボラティリティ方式

 

それぞれの特徴を以下で詳しく見ていきましょう。

 

①ランキング方式

ランキング方式

通貨ペアや売買の方向などの設定を高収益順に外為オンラインが発表していて、リストの中から注文可能な条件を選ぶと、同じ条件でiサイクル2取引ができる方法です。

 

設定方法が判らず困っていた人や、稼いでいる人の真似をしたい人におすすめの方式といえます。

 

②マトリクス方式

マトリクス方式

想定変動幅と注文間隔の組み合わせを選んでiサイクル2取引をする方法です。

想定変動幅…最大数のポジションを保有した時の損切り幅

注文感覚…複数のポジションを保有する時のポジション同士の間隔

 

手元の資金でどの程度のリスクを取って運用するのか選択したい人におすすめです。

 

③ボラティリティ方式

ボラティリティ方式

通貨ペア、想定変動幅、ポジションの方向、対象資産、数量を入力するだけでiサイクル2取引ができる方法です。

 

ランキング方式を選ぶと条件設定の手間が省けて便利ですが、ボラティリティ方式を使えばより有利な条件にアレンジして自動売買ができるメリットがあります。

 

iサイクル2取引の条件設定

iサイクル2取引で設定する条件について詳しく解説します。

  1. 通貨ペア
  2. 想定変動幅
  3. ポジション方向
  4. 対象資産
  5. 数量

設定に悩んだ時に参考にしてください。

 

①通貨ペア

取引する通貨ペアを選びます。

 

米ドル、ユーロ、豪ドルを含む通貨ペアは取引量が多く、値動きが安定しているのが特徴です。

 

ポンドもメジャー通貨ではあるものの、値動きが大きいので相場が急変した時に損失が出るリスクが高く、あまりおすすめしません。

 

②想定変動幅

想定変動幅とは注文価格から逆指値までの値幅を指し、実質的に損切り幅と同じ意味です。

 

iサイクル2取引では想定変動幅を決めると値幅とポジション間隔が自動的に決まるので、例えば想定変動幅を広くすると損切りはされにくくなりますが、ポジション間隔も広くなり注文が成立しにくくなります。

 

相場を分析して現実的な想定変動幅を設定しましょう。

 

③ポジション方向

「売り」と「買い」どちらで新規注文を入れるのか選びます。

 

トレンドラインを引いたりテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を行い、投資対象の通貨ペアのチャートが上昇・下降どちらのトレンドにあるのか予測する必要があります。

 

長期上昇トレンドに対しては買い、長期下降トレンドに対しては売りを設定しましょう。

 

なぜなら、トレンド方向に沿って売買をした方法が利益が多くなるからです。

 

④対象資産

iサイクル2取引でいくら運用するのかを設定します。

 

前提としてFXでは、失っても問題ない余剰資金を投資してください。

 

理由は生活費を投資して損失が出ると、生活に支障が出たり借金する羽目になり、最悪の場合自己破産するなど人生が台無しになる危険があるからです。

 

iサイクル2取引は必ずしも利益を保証するわけではなく、元本割れするリスクがあるので注意してください。

 

⓹数量

数量とは1回あたりの取引量です。

 

取引量を増やすほど、同じ為替変動幅でも利益・損失の金額が大きくなり、ハイリスク・ハイリターンの運用になります。

 

最初は取引量を抑えて、コツがつかめてきたら取引量を増やしてより多くの利益を狙うといいでしょう。

 

iサイクル2取引の条件設定の実践パターン

「実際にはどうやって条件を決めればいいの?」という方に、実例をひとつ紹介します。

 

ランキング方式をアレンジしてボラティリティ方式を設定する方法です。

 

ランキング方式で上位にランクインしている設定の通貨ペアのチャートを分析して、今後のトレンドを予測します。

 

上位ランキングの売買の方向と、自分で分析したトレンドの方向が同じなら、トレンドは今後も続くと判断してランキング上位の条件を使います。

 

ただし自動売買を動かすのに必要な資金が不足して、ランキング方式の画面からは発注できない場合があるので、ボラティリティ方式で「対象資産」を自分の手持ち資金に合わせましょう。

 

デモトレードで試そう!

デモトレード

外為オンラインにはiサイクル2取引のデモトレードがあるので、資金負担なしで取引を体験することができます。

 

デモ口座はニックネーム、フリガナ、メールアドレスを入力して、デモ取引用のID・PWを発行するだけの簡単登録で誰でも始められます。

 

PC・スマホ・携帯電話のブラウザ版からスマホ・タブレット向けアプリまでツールが充実しているので、本番を想定して使いやすいツールを選ぶといいですね!

外為オンライン

 

iサイクル2取引の設定方法が判らない時の対処法

iサイクル2取引の設定方法に行き詰まってしまった時の対処法を3つ紹介します。

 

①ネットで調べる

外為オンラインの公式サイトではiサイクル2取引の操作方法が丁寧に解説されています。

 

条件の決め方が判らない時は、「iサイクル研究室」と「iサイクル戦略室」を参考にするといいでしょう。

 

「iサイクル研究室」と「iサイクル戦略室」については後で詳しく解説します。

 

②カスタマーサポートに連絡する

2つ目はカスタマーサポートを利用する方法です。

 

外為オンラインのカスタマーサービスでは下記の時間で受け付けています。

電話… 平日 午前9時~午後5時

メール… 365日24時間(専用問い合わせフォームから)

 

その場でやり取りする方が解決しやすい疑問なら電話、仕事でサポートの営業時間内に電話するのが難しい場合はメールするなど、使い分けるといいですね。

 

外為オンラインは「こんなこと聞いてもいいの?」っていうような些細なことでもカスタマーサービスで応対してくれます!

 

③セミナーに参加する

外為オンラインセミナー

外為オンラインはFX会社の中でもセミナーの開催にかなり力を入れています。

 

iサイクル2取引の設定方法以外にも、PCの使い方など基本中の基本からプロ向けの戦略セミナーなど、初心者から上級者まで満足のいくラインナップで頻繁に開催しているんです。

 

ただし2020年9月時点では新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて開催を見合わせているため、最新情報は公式サイトで確認してください。

 

さらに情報が欲しい人向けの「iサイクル研究室」と「iサイクル戦略室」

iサイクル2取引は簡単に注文できるとはいえ、今の設定でいいのか不安になることもあるでしょう。

 

そんな時は外為オンラインが提供している「iサイクル研究室」「iサイクル戦略室」を活用するといいですよ。

 

iサイクル2取引の成績をランキング形式で毎週発表するとともに、さらに詳しい相場分析をしてみたい人にさまざまな分析手法が掲載されています。

 

初心者だけでなく中・上級者も使える情報が満載ですよ!

自動売買を選ぶポイント

  • 売買システム(EA)が選べる
  • バックテストの結果がわかる
  • 手数料が安い

初心者にオススメなのは「外為オンライン」のiサイクル注文

外為オンライン
スプレッド(米ドル円) キャッシュバック こんな人にオススメ!
初心者
取引単位 通貨ペア オリコン総合

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。

自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースでは1000通貨単位から始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

 

人気「FXブロードネット」のシステムトレード

FXブロードネット
スプレッド(米ドル円) キャッシュバック こんな人にオススメ!
初心者
取引単位 通貨ペア オリコン総合

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

米ドル/円、ポンド/円、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、自分で売買するトレードに比べて約3倍の利益が出るとして、FX初心者に特に人気があります。

また、4,000円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

小さく、手軽に儲けたい方には特にオススメのFX会社です。

 

トライオートFX【最もコストカットできる自動売買】

インヴァスト証券「トライオートFX」
スプレッド(米ドル円) キャッシュバック こんな人にオススメ!
初心者
取引単位 通貨ペア 詳細
詳細

トライオートFXはインヴァスト証券が取り扱うFX自動売買ブランドです。

プログラムを選んで稼働させるだけで手軽に自動売買ができるので、仕事や家事・運動中や遊んでいる時も24時間チャンスを逃さず運用が可能です。

またトライオートFXは、スマホでも自動売買ができるので、時と場所を選ばずに運用成績をチェックできます。

プログラムを選ぶだけでは物足りない方は「ビルダー機能」を使って、自分だけの自動売買を作成してシミュレーションをすることも可能です。

また米ドル円のスプレッドが0.3銭であり、自動売買ができるFX会社の中ではかなりの低価格となっています。

iサイクル2取引の設定方法まとめ

上記で紹介した「iサイクル2取引の設定方法」を実践すると、今後は自動売買が初めてでも条件の設定方法に悩まずに済み、自分に合った条件を設定して利益を出せるようになります。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ

  • iサイクル2取引は通貨ペア、取引量、想定値幅などを設定して、相場のトレンドに追従して取引を繰り返す「リピート系」の自動売買
  • iサイクル2取引にはランキング方式・マトリクス方式・ボラティリティ方式の3つの注文方法がある
  • 設定方法で悩んだらネットで調べたりサポートを利用しよう

 

「自動売買は便利だけど、設定方法がややこしそう」と最初は思うかもしれませんが、やり方を一度身につけてしまえば、簡単にできるようになりますよ!

-システムトレード・自動売買

© 2021 FX@ランキング