FX初心者

FX自動売買詐欺にご注意!被害に遭わないための3つ方法をご紹介

更新日:

FX自動売買詐欺

この記事で解決できる悩み

FX自動売買の詐欺の手口が知りたい

詐欺の見分け方が知りたい

詐欺に遭ってしまった時の対処法を教えて!

今回の記事では、「FX自動売買詐欺の手口」や「詐欺の見分け方」、さらに「詐欺に遭った時の対処方法」や「詐欺でない安心のFX会社」を詳しく紹介します。

なぜなら、私もこの記事を読んで 「詐欺に遭わないための方法を知り、安全なFX会社を選んで自動売買を始めたい」という悩みを解決できたからです。

それではまず、「具体的な詐欺の手口は?」から見ていきましょう。

具体的な詐欺の手口は?

具体的な詐欺の手口

FX自動売買にはどんな詐欺があるのでしょうか?代表的な3つの手口をご紹介します。

  • ①広告サイトやSNSで儲かると宣伝
  • ②バックテストの結果を改ざん
  • ③口座凍結・出金拒否

それぞれの手口について、以下で詳しくみていきましょう。

手口①広告サイトやSNSで儲かることを宣伝する

ひとつ目は、ネットやSNS上で派手な宣伝文句を掲載する手口です。

ネット上の広告やSNS上で、「〇ヶ月でいくら儲かった」「絶対に勝てる」などの信ぴょう性のない謳い文句でトレーダーの興味を引こうとしてきます

派手な生活ぶりの写真がアップされていることもあります。

ある事例では、SNS上で勧誘を受けたことがきっかけで、情報料やツール代金など数十万円もの大金を騙し取られたそうです。

また、ネット上で知り合った人と飲みに行き、知り合いだと名乗る人と合流すると、FXの自動売買ソフトの勧誘を受け、当日中にカードローンを組まされて100万円渡してしまった人もいます。

ソフトを使っても一向に儲からなかったため、先方に電話したところ、明確な回答が得られませんでした。

さすがに怪しくなってネットで調べてみると、同じような手口で被害に遭った人がたくさんいたそうです。

手口②バックテストの結果を改ざんする

2つ目の手口は、バックテストの結果を改ざんした取引ツールをネットに掲載する、あるいはまったく関係のない自動売買ツールのバックテストの結果を載せているケースもあります。

自動売買ツ―ルを選ぶ時に、バックテストの結果を手がかりにすることが多いので、これを改ざんするのは非常に悪質です。

ちなみに「バックテスト」とは、英語では「back test」と表記され、直訳すると「過去のテスト」です。

FX業界でバックテストと言うと、「過去の為替データに基づいて自動売買ソフトを動かすと、どれくらい儲かっていたのかを検証するためのテスト」を指します。

あるトレーダーは、バックテストの損益グラフがなめらかな右肩上がりだったので、安定して利益が出ると思って自動売買ソフトを30万円で購入しました。

ところが、実際使ってみるとまったく儲からないどころか、損切りばかりでマイナスの成績になりました。

販売先に電話しても繋がらず、泣き寝入りするしかなかったようです。

手口③口座凍結・出金拒否

3つ目の手口は、「取引開始のためには口座開設が必要」などと言って指定の口座に資金を入れさせ、いざ出金しようとすると口座を凍結させてお金を引き出せないようにすることです。

実際、IronFXのグループ会社で中国に進出していたFX会社であるグローバル・インベストメントが、顧客に対して2.000~3,000億円の出金拒否を行った事例があります。

出金拒否を受けた中国人トレーダーが大規模なデモを起こして騒ぎになりました。

ちなみにIronFXは2014年に日本国内からは手を引いていますが、当時の撤退のプロセスに問題がありました。

なんと顧客のポジションを全て強制的に決済したのです!含み損を抱えていた人は無理矢理損失を被ったわけで、明らかにFX会社としてやっていいことではありません。

詐欺を見分ける方法はこれ!

詐欺を見分ける方法

上記のように、詐欺業者はあの手この手で騙そうとしてくるのですが、詐欺を見分けるための方法を3つ紹介します。

  • ①怪しい謳い文句は無視する
  • ②フォワードテストの結果を確認する
  • ③海外のFX会社は使わない

それぞれの詐欺対策について、以下で詳しく見ていきましょう。

詐欺対策①怪しい謳い文句は無視する

ひとつ目の対策は、怪しい謳い文句や勧誘を無視することです。

なぜなら、世の中そんなにおいしい話があるはずがないからです。

多少お金を払ってでも楽して儲けたい、この相手なら信用できる、という気持ちは判りますが、少しでも怪しいなと思ったら手を出してはいけません。

身近な人や、後述のような民間・公的機関に相談して踏みとどまり、相手の言うことにのめり込まないようにしましょう。

詐欺対策②フォワードテストの結果を確認する

2つ目の詐欺対策は、フォワードテストの結果も確認してから自動売買ツールを購入することです。

バックテストの結果は何度でも修正できるので、実際の相場で使った成績を表す「フォワードテスト」の結果を公表しているソフトを選びましょう

ちなみにフォワードテストとは、英語で「forward test」と書き、日本語に訳すと「今より先のテスト」「将来的なテスト」という意味になります。

つまり、今の相場で実際に稼働させた生の成績ということです。

バックテストの結果は、あくまで過去のデータに合わせて良いように調整されたものなので、いくらでも良く見せることができます。

バックテストの結果は参考にとどめ、ソフトの実力を表すフォワードテストの結果を確認しましょう。

詐欺対策③海外のFX会社は使わない

3つ目の対策は、海外のFX会社は避けることです。

その理由は、海外のFX会社は儲かる根拠のない自動売買ツールを売りつけたり、出金拒否するなど詐欺があるからです。

海外のFX会社は国内と違い、日本の金融庁の権限が及ばないため、トラブルが起きても手を打てません。

トラブル続出で金融庁としても再三の注意喚起を行っているくらいなので、海外のFX会社は使わないようにしましょう。

詐欺に遭った時には相談しよう

詐欺に遭った時には相談

どんなに気をつけていても、コロッと騙されてしまうことは誰にでもあることです。

運悪く詐欺に遭ってしまった時でも、落ち着いて以下の5つの機関に相談しましょう。

  • ①国民生活センター
  • ②適格消費者団体
  • ③金融庁の金融サービス利用者相談室)
  • ④警察の相談専用電話
  • ⑤弁護士

それぞれの機関について、以下で詳しくみていきましょう。

①国民生活センター

国民生活センターは、国民の生活で起こるさまざまなトラブルの相談を受け付けてくれます。

FXなどの投資詐欺の相談も多いため、ノウハウを活かして適格なアドバイスがもらえるでしょう。

相談の内容によっては、外部の専門機関に引き継いでくれます。詐欺かな?という段階では、電話で気軽に相談してみてください。

もちろん直接訪問すれば、面接相談することもできます。

②適格消費者団体

消費者のための公的機関のひとつで、詐欺業者のオーバーな広告宣伝や悪質な契約に対して「差止請求」を行える権限を持つのが「適格消費者団体」です。

そのうち「特定適格消費者団体」は、消費者の代わりに集団訴訟を起こし、損害を取り戻すこともできます

ただし、このような集団訴訟を起こすためには、多数の被害者が団結して訴訟を起こす必要があります。

まずは他にも同じ被害に遭ったトレーダーがいないか確認してみましょう。

③金融庁の金融サービス利用者相談室

3つ目の金融庁の金融サービス利用者相談室は、金融庁が運営する、金融サービスや行政サービスに関する相談を受け付けているところです。

FX詐欺の相談をすれば、金融商品取引法などの法律に基づくアドバイスをもらえたり、専門機関への取り次ぎをしてもらえます。

ただし、先述のように海外のFX会社には金融庁の権限が及ばないことに注意が必要です。

また、相談室がFX会社との間に入ってトラブル解決を図ることもできません。

④警察の相談専用電話

4つ目は、警察の相談専用電話です。110番ほどには緊急を要しない日常生活で発生したトラブルのアドバイスがもらえる機関です。

詐欺に遭ったかもしれないと思った時や、今後の対応のアドバイスがもらえます。万が一詐欺だと判明したら被害届を出しましょう。

うまく犯人が捕まっても、騙し取られたお金は残念ながら返ってきません。

しかし、警察の捜査で身元は割れるため、損害賠償請求がしやすくなるというメリットがあります。

⑤弁護士

最後におすすめする相談先は弁護士です。

被害に遭ったお金を取り戻したい時に、仲介に入って法的な手続きを進めてくれる、法律業界のプロです。

依頼するためには手付金、依頼中の旅費交通費や経費の負担、最終的な成功報酬の支払いなど時間とコストはかかるものの、問題解決に依頼する価値はあります。

日本弁護士会のウェブサイトや、地域の弁護士会の無料相談、法テラスなどを利用して、FX詐欺に精通した弁護士を探すといいです。

おすすめのFX会社2選

おすすめのFX会社2選

最後に、詐欺の心配がないおすすめのFX会社を2社紹介します。

  • ①FXトレードフィナンシャルの「FXTFミラートレーダー」
  • ②セントラル短資の「セントラルミラートレーダー」

それぞれのFX会社の特徴について、以下で詳しくみていきましょう。

FXトレードフィナンシャルの「FXTFミラートレーダー」

ひとつ目のおすすめFX会社は、FXトレードフィナンシャルです。

2006年6月14日に設立した「ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社」が運営するFX会社で、国内で約13年の歴史があります。

FX詐欺が問題となった経歴もないため、安心して取引できます。

そんなFXトレードフィナンシャルが提供する「FXTFミラートレーダー」は、ミラートレーダーの中でスプレッドが業界差安値です。

また、自動売買による追加の手数料もかからない低コストFX会社です。

例えば米ドル円のスプレッドは2.3~2.6銭で、それ以外のマイナー通貨のスプレッドも低水準です。

セントラル短資の「セントラルミラートレーダー」

2つ目のおすすめFX会社は、100年以上の歴史を持つ金融グループであるセントラル短資FXの「セントラルミラートレーダー」です。

こちらもFX詐欺が問題となった経歴はないので、安心して取引できます。

セントラルミラートレーダーは、ランキング形式のEAから選んで発注するだけなので、初心者でも簡単操作でプロレベルのFXが可能です。

具体的なスプレッドについては公式HP上非公開であるものの、取引手数料は無料なのでコストを抑えられます。

FX自動売買詐欺のまとめ

FX自動売買詐欺のまとめ

今回の記事では、FX自動売買詐欺の手口や対策、安全なFX会社を紹介しました。

この記事を読めば、FX自動売買の詐欺が怖いと思っていたFX初心者でも、詐欺に遭わない方法を身につけて、安全なFX会社を使って取引が始められます。

最後にもう一度、記事の内容を振り返りましょう。

まとめ

  • ①FX自動売買詐欺の手口として、ネット上の怪しい宣伝文句やバックテスト結果の改ざん、口座凍結や出金拒否がある
  • ②詐欺対策として、怪しい謳い文句は無視し、フォワードテストの結果を確認し、海外のFX会社は使わない
  • ③万が一詐欺に遭ってしまったら、民間機関・公的機関・弁護士などに早めに相談して、アドバイスをもらう

FX自動売買の詐欺は、楽に儲けたいという人間の欲につけ込んでくるので、この記事で紹介した対策方法を参考にして、安全に自動売買を始めてください。


FX@ランキングがおすすめするFX会社

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。始め方が本当に簡単です。自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

とにかく低コストヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!

ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX! とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引コストも節約できます。また、 投資スタート額も通常の1/10の1000通貨からで、約4,000円から取引ができ、低資金でFXを始めることができます。 豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。 また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

人気「FXブロードネット」のシステムトレード

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。米ドル/円、ポンド/円、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、自分で売買するトレードに比べて約3倍の利益が出るとして、FX初心者に特に人気があります。(公式サイト上で発表されています。)また、4,000円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。小さく、手軽に儲けたい方には特にお勧めのFX会社です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大島

初心者FXトレーダー編集者。口座開設して入金までしたのに、ビビッてまだ取引できてない小心者。最近バイナリーオプションに興味が出てきた。

-FX初心者

Copyright© FX@ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.