システムトレード

【ループイフダン】アイネットvsひまわり21日間【比較と検証】

更新日:

2つのループイフダンの違うのか!?

まつお
 アイネット証券にもひまわり証券にもループイフダンがあるけど、これって同じなの?
でいし
良い質問だね!

実は、ひまわり証券はアイネット証券からループイフダンのシステムを貸してもらっているんだ。

まつお
じゃあ一緒じゃん!
でいし
いやいや、使うツールが同じでも提供している会社は全く違うからそこで差が生まれるんだよ。

ちなみに、表記も若干異なっており

アイネット証券は「ループイフダン」

ひまわり証券は「ループ・イフダン」

と表記します。

それでは、アイネット証券とひまわり証券のループイフダン、どこが違うのか比較してみましょう。

アイネット証券とひまわり証券のループイフダンを比較

でいし
まずは通貨単位からだね
まつお
取引するなら絶対に抑えておきたいポイントだよね

取引通貨単位

おさらいですが取引通貨単位とは「取引するのに最低でも何円以上が必要」とFX会社に定められている基準です。

アイネット証券 ひまわり証券
1,000通貨単位 1,000通貨単位

ひまわり証券、アイネット証券のどちらも1000通貨単位からの取引が可能です。

注意ポイント

アイネット証券の南アフリカランド/円と、メキシコペソ/円は10,000通貨からの取引になっています。

スプレッド

2社とも、レギュラー口座とループイフダン口座とではスプレッドが異なります。スプレッドを確認する際はループイフダン専用のスプレッドを見るようにしましょう。

2社とも各通貨ペアのスプレッドは以下の表の通りになっています。

 アイネット証券ひまわり証券
米ドル/円2.0銭2.0銭
ユーロ/円3.0銭3.0銭
英ポンド/円5.0銭5.0銭
豪ドル/円4.0銭4.0銭
ユーロ/ドル2.0 pips2.0 pips

スプレッドに関してはどちらの会社にも違いはありません。

 

通貨ペア

でいし
次に取引通貨ペアだけど、ここで大きな違いが出ているね。

取引通貨ペアはアイネット証券のループイフダンのほうが数が多いのです。

 アイネット証券
(14通貨ペア)
ひまわり証券
(5通貨ペア)
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
NZドル/円
カナダドル/円
スイスフラン/円
トルコリラ/円
メキシコペソ/円
南アランド/円
豪ドル/米ドル
豪ドル/NZドル
NZドル/米ドル

アイネット証券のループイフダンは14通貨ペアの取り扱いがありますが、

ひまわり証券5通貨ペアの取り扱いのみになっています。

アイネット証券 ひまわり証券
14通貨ペア 5通貨ペア
まつお
トルコリラとかのマイナー通貨を売買したい場合は、アイネット証券の方を使えばいいね。

メジャーな通貨のみ運用したいと考えている方はひまわり証券でも問題ありません。

スワップポイント

でいし
さらにスワップポイントでも違いがあります。
 アイネット証券
ひまわり証券
買い売り買い売り
米ドル/円 78-86 60-90
ユーロ/円 -20 12-30 1
英ポンド/円 31-38 10-35
豪ドル/円 30-42 10-45
ユーロ/ドル-103 87-100 70

※2019/6/11 調査

※アイネット証券は6/10より適用分、ひまわり証券は6/6口座反映分

この表でスワップポイントを比較してみると、アイネット証券のほうが少し有利なスワップポイントになっています。

しかし、英ポンド/円を売りで運用する場合はひまわり証券のほうがマイナススワップが少ないです。

自分がどのような通貨ペアを運用したいかでスワップポイントについて考えましょう。

損切り設定

ループイフダンでは。損切り注文をあらかじめ入れることがきる機能があります。

この設定にも両社で違いがありましたよ。

アイネット証券ひまわり証券
「あり」「なし」選択可能「あり」のみで固定

アイネット証券は損切り設定「あり」「なし」の選択ができます。

ひまわり証券は損切り設定が「あり」で固定になっています。

損切り設定「あり」のほうがいい人はどちらの会社でも良いと思います。

損切り設定が「なし」のほうが良い人は、選択できるアイネット証券のほうがオススメです。

取引ツール

ひまわり証券とアイネット証券のどちらもPCの「ブラウザ版」と「ダウンロード版」

スマートフォンアプリ(iPhone、android)を提供しています。

入出金方法

アイネット証券とひまわり証券のどちらもネットバンクからの「クイック入金」に対応していますが、少し違いが出てきます。

 アイネット証券(クイック入金)ひまわり証券(クイック入金)
ループイフダン口座へ直接振込可能不可能(レギュラー口座から振替)
利用方法取引システムのメニューから振込取引システムのメニューから振替振込
口座反映タイミング即時即時
利用時間24時間24時間
振込手数料無料無料

アイネット証券の場合はループイフダン口座直接振り込まれます。

ひまわり証券の場合はクイック入金でレギュラー口座へ入金後、ループイフダン口座に振替えする必要があります。

出金に関してもアイネット証券はループイフダン口座から直接出金が可能です。

ひまわり証券はレギュラー口座へ振り替えてから出金する必要があります。

入出金に関してはより便利なアイネット証券がオススメとなっています。

 

【検証】全く同じ注文をしてみたら!?

今回はこのランキングでトップだった設定を使って検証していきます。

 アイネット証券ひまわり証券
注文名ループイフダン(GBP/JPY S20)ループイフダン(GBP/JPY S20)
最大保有ポジション100100
数量(1000通貨)11
損切り設定あり(選択可能)あり(選択不可)

どちらの口座資産もは300万円でスタートします。

この設定で同じタイミングで注文を出して約1か月間ほったらかしで検証していきます。

【結果】儲かったのは○○のループイフダンだった

では約1か月間ほったらかしにした結果を見ていきたいと思います

ひまわり証券の結果

まずはひまわり証券の結果を見ていきましょう

  金額
売買損益 +7,935円
(内スワップ損益:-268円)
評価損益(含み損) -3,425円
総計 +4,510円

 

+ ひまわり証券の明細をみる

アイネット証券の結果

次にアイネット証券の結果を見ていきましょう

 

  金額
売買損益 +7,859円
(内スワップ損益:-307円)

評価損益(含み損) 

-3,452円
総計 +4,407円

 

+ アイネット証券の明細をみる

 

 

結果ひまわり証券のほうが資産は増加しています。

では何がこの2つの口座の結果を分けたのでしょうか、

始めに解説した2つの口座の違いはスワップポイントでした

今回は売りで入るトレードのため、マイナスのスワップが発生します

こちらがひまわり証券のスワップポイントの合計です

一番下の合計欄を見てみると、発生したスワップの合計が-367、精算したスワップの合計が-268となっています。

 

そしてこちらがアイネット証券のスワップポイントの合計です

発生したスワップの合計が-434.9、精算したスワップの合計が-307になっています。

 

これらを見てみると、ひまわり証券のマイナススワップが少ないため、結果的にひまわり証券のほうが利益が出たことになります。

今回は期間が比較的短いため小さな差額ですが、より長い期間でより多くの資金を投入する場合は大きな差額になってくることが考えられます。

また、違う通貨ペアでトレードをした場合にはアイネット証券のほうが有利なスワップポイントを得ることができる場合があるので、

上の比較表を見比べてループイフダンを始めることをオススメします。

 

まとめ

今回はひまわり証券とアイネット証券のループイフダンを比較しました。

基本的には同じサービスですが、スワップポイントであったり、通貨ペア、

損切り設定などトレードに関して重要な要素で違いが出てきます。

自分がしたいトレードに合った会社を選んで利益を出せるようになることをオススメします

FX@ランキングがおすすめするFX会社

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。始め方が本当に簡単です。自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

とにかく低コストヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!

ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX! とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引コストも節約できます。また、 投資スタート額も通常の1/10の1000通貨からで、約4,000円から取引ができ、低資金でFXを始めることができます。 豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。 また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

人気「FXブロードネット」のシステムトレード

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。米ドル/円、ポンド/円、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、自分で売買するトレードに比べて約3倍の利益が出るとして、FX初心者に特に人気があります。(公式サイト上で発表されています。)また、4,000円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。小さく、手軽に儲けたい方には特にお勧めのFX会社です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大島

初心者FXトレーダー編集者。口座開設して入金までしたのに、ビビッてまだ取引できてない小心者。最近バイナリーオプションに興味が出てきた。

-システムトレード

Copyright© FX@ランキング , 2019 All Rights Reserved.