FX初心者

【基礎】指値注文とは?【初心者にも超カンタンなFX注文方法】

指値注文とは

指値注文とは

指値注文とは

指値注文とは、「指定したレートで買う(または売る)」という注文方法のことです。

将来のレートの動きを予想して、「今よりも安く買う」か「今よりも高く売る」ことができるという特徴があります。

また、エントリーや決済したい時に、指値注文を出しておくことで、指定のレートになると自動的に約定してくれるというメリットも。

そのため、いつ実現するか分からないのに相場にかじりつく必要がなくなるのです。

指値注文のメリット

例えば、上昇トレンドに買いでエントリーすることを考える場合、取得レートを抑えるために今のレートより少しでも安く買いたいですよね。

そんな時は、今より低いレートの指値買い注文を置いて「待ち伏せ」しましょう。

逆に、下降トレンドで売りエントリーする場合は、少しでも高く売りたいので、今より高いレートで指値売り注文を出すと良いです。

それでは、決済時の指値注文の出し方はどのようにすれば良いのでしょうか?

買いポジションを売り決済する時には、買値よりも高いレートで決済売り注文を出すようにします。

逆に、売りポジションを買い決済する時には、売値よりも低いレートで決済買い注文を出すのが正解。

このように指値注文は、エントリーに利用すれば取得レートを今のレートよりも有利にすることができます。

そして決済に使えば相場から離れていても、自分が確定させたい利益を得ることができるというメリット

指値注文のデメリット

「ということは、指値注文ってメリットしかないの?」と思われた方、答えは「ノー」です。

注意点としては、指値レートに到達しなければ約定しないため、様々なケースで機会損失が生じることです。

ちなみに、「機会損失」とは「稼げるはずだったのに稼ぎ損ねる」ことを意味します。

例えば、上昇トレンドで安く買いでエントリーしたかったのに、思ったよりレートが下がらないうちに上昇したため、トレンドに乗れなかったというケース。

指値で決済注文を出していたのに、ギリギリのところで届かなかったため約定しなかったというケースが挙げられます。

仮にエントリーし損ねても、儲け損ねただけで済みますが、決済し損ねるのはFXにおいて時に大損を招くので要注意。

なぜなら、せっかくの含み益も長時間放置するといつかは含み損に変わり、最悪の場合ロスカットも考えられるからです。

このような事例は、指値レートが注文時のレートと離れれば離れるほど多く発生します。

そのため、注文時のレートと近いレートで指値を出すのがポイント

さらに、指値注文は「今すぐ買う(売る)」という時にも不便。

確かに今のレートよりもわずかにずらしたレートで指値を出せば、レートの多少のブレのおかげで上手く約定するかもしれません。

しかし、運が悪ければ約定しないため、相場の動きに乗り遅れる可能性があるのです。

そういう時には、今のレートですぐに約定させることができる「成行注文」を使いましょう。

図を使って解説

指値注文 図解

「文章だけだと分かりにくい!具体的なレートを使って解説して欲しい」という方のために、下記で指値注文の活用方法を具体的に解説していきます。

指値買い注文のケース

指値注文グラフ

例えば上記の図のように、現在1米ドル円=120円とします。

そこから円高になると予想して、119円に下がった時点で買いたいと思ったら、「119円で買う」という注文を出しておくのです。

そうすると、120円から下がって119円になった時に、逃さず119円で買えるというわけです。

結果として、現在のレートよりも1円分有利なレートで約定がすることが可能。

もし買いエントリーでこれを使えば、今の120円より1円分取得レートを安くできますよね。

つまりは120円で売りポジションを持っている状態で119円の指値買い決済すれば、1円分の利益が確定

指値売り注文のケース

指値注文グラフ

逆に、指値売りとしての使い方はどうなるか見ていきましょう。現在のレートは先ほどと同じ1米ドル=120円。

そこから円安になると予想して、121円に上がった時点で売りたいと思ったら、「121円で売る」という指値注文を置くのです。

そうすると、120円から上がって121円になった時に、逃さず121円で売れるというわけです。

その結果、買い注文の時と同じように現在のレートよりも1円分有利なレートで約定することが可能に。

もし指値売りを出してエントリーするのなら、今の120円より1円分取得レートを高くできますよね。

また、120円で買いポジションを持っている状態で121円の指値売り決済を使えば、1円分の利益を確定できることに

まとめ

指値注文まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、FXの数ある注文方法の中から「指値注文」に焦点を当てて、その「使い方」や「メリット・デメリット」などを紹介してみました。

再度まとめますと、

まとめ

  • 指値注文とは、「指定したレートで買う(または売る)」注文方法。
  • チャートにかじりついていなくても、「今よりも安く買う」か「今よりも高く売る」ことができるというポイント。
  • エントリーに使えば、取得レートを今のレートよりも有利に、決済に使えば、今のレートから離れていても、自分が確定させたい利益を得ることができるメリット。
  • 実際に指値レートに到達しなければ約定しないことと、今のレートですぐに約定させたい時には成行注文を使うことに注意。

「ポジションを放置していても利益を確定させたい」「含み益が乗ると、なかなか利益確定ができずにに利益を逃してしまう」という方もいますよね。

そんな方にぜひ指値注文を使って、機械的に決済させてしまうことをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かほり

フリーランスの編集者をやっています。

趣味は、お酒と旅行たまにFXトレードです。

今年の目標はスカイダイビングとFXで50万円稼ぐこと。

トレード情報など交換しましょ~!

-FX初心者

© 2020 FX@ランキング