FXのスプレッドとは? FX初心者のための解説集 - FX@ランキング

FX用語 自動売買の基礎

FXのスプレッドとは? FX初心者のための解説集

FXの取引画面を見ると、通貨の価格には売値(Ask)と買値(Bid)の2つの価格が表示されています。投資家が通貨を買おうとすれば「売値」の価格で、通貨を売ろうとすれば「買値」の価格で取引することになります。
価格は売値のほうが高くなっています。この売値と買値の差額スプレッドといいます。


では業者はどこで利益を得ているかというと、このスプレッドで稼いでいます。

たいていのFX業者は口座開設や取引ごとの手数料をとりません。つまりこのスプレッドが取引業者の手数料になるわけです。

例えば、米ドルと日本円の取引の場合、まずFX会社は顧客に対して米ドル買いと米ドル売りの為替レートを提供します。

その際、買い取引の為替レートに対して1銭(FX業者によって違います)上乗せした為替レートで提供しますが、この上乗せされた分の1銭と言うのがスプレッドとなります。

また、米ドルを売り円を買う取引を行った場合においても最終的には決済取引をする必要があるので、その際に上乗せされた買い取引の為替レートで取引をする事になります(業者によっては売りと買いの為替レートの両方に振り分けている場合もあります)。

このように買値と売値に差を付けるスプレッドですが、実はFX会社だけでは無く銀行でも違う名前となって導入されているため、覚えておくと良いかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かほり

フリーランスの編集者をやっています。

趣味は、お酒と旅行たまにFXトレードです。

今年の目標はスカイダイビングとFXで50万円稼ぐこと。

トレード情報など交換しましょ~!

-FX用語, 自動売買の基礎

Copyright© FX@ランキング , 2020 All Rights Reserved.