FX用語 自動売買の基礎

FXのスプレッドとは? FX初心者のための解説集

更新日:

FXの取引画面を見ると、通貨の価格には売値(Ask)と買値(Bid)の2つの価格が表示されています。投資家が通貨を買おうとすれば「売値」の価格で、通貨を売ろうとすれば「買値」の価格で取引することになります。
価格は売値のほうが高くなっています。この売値と買値の差額スプレッドといいます。


では業者はどこで利益を得ているかというと、このスプレッドで稼いでいます。

たいていのFX業者は口座開設や取引ごとの手数料をとりません。つまりこのスプレッドが取引業者の手数料になるわけです。

例えば、米ドルと日本円の取引の場合、まずFX会社は顧客に対して米ドル買いと米ドル売りの為替レートを提供します。

その際、買い取引の為替レートに対して1銭(FX業者によって違います)上乗せした為替レートで提供しますが、この上乗せされた分の1銭と言うのがスプレッドとなります。

また、米ドルを売り円を買う取引を行った場合においても最終的には決済取引をする必要があるので、その際に上乗せされた買い取引の為替レートで取引をする事になります(業者によっては売りと買いの為替レートの両方に振り分けている場合もあります)。

このように買値と売値に差を付けるスプレッドですが、実はFX会社だけでは無く銀行でも違う名前となって導入されているため、覚えておくと良いかもしれません。


FX@ランキングがおすすめするFX会社

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。始め方が本当に簡単です。自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

とにかく低コストヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!

ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX! とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引コストも節約できます。また、 投資スタート額も通常の1/10の1000通貨からで、約4,000円から取引ができ、低資金でFXを始めることができます。 豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。 また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

人気「FXブロードネット」のシステムトレード

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。米ドル/円、ポンド/円、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、自分で売買するトレードに比べて約3倍の利益が出るとして、FX初心者に特に人気があります。(公式サイト上で発表されています。)また、4,000円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。小さく、手軽に儲けたい方には特にお勧めのFX会社です。

-FX用語, 自動売買の基礎

Copyright© FX@ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.