スワップポイントとは? FX初心者のための解説集 - FX@ランキング

FX用語

スワップポイントとは? FX初心者のための解説集

スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれていて、二国間の金利差から得られる利益を意味します。日本のような低金利国の通貨を売って、南アフリカ・ランドのような金利の高い通貨を買うと、その金利差分の利子が得られるわけです!

例えば、日本の金利が0.1%で、南アフリカ・ランドの金利が6.0%だとします。

そこで日本円を売って、ランドを買うと、差額の5,2%の金利がもらえるわけです。スワップポイントは少額でも毎日受け取れます。だだしポジションが日付をまたいだ取引のケースで発生します。

※ポジションとは…外貨の持ち高(残高)のことで、具体的には決済して利益や損失が確定する前の状態のことをいいます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かほり

フリーランスの編集者をやっています。

趣味は、お酒と旅行たまにFXトレードです。

今年の目標はスカイダイビングとFXで50万円稼ぐこと。

トレード情報など交換しましょ~!

-FX用語

Copyright© FX@ランキング , 2020 All Rights Reserved.