必勝法

短期売買でリスクを少なくして利益を上げる方法

更新日:

短期売買 利益

当日決済はリスクが低く利益を上げやすい

当日決済はリスクが低い

数分から~数時間、最長でも1日で決済する取引をデイトレ、スキャルピングといいリスクを低く抑える投資方法と言われています。

損失も低く抑えられる分、市場に参加している時間も長くなり自然と儲けは出てくる投資方法です。

デイトレとは当日中に数回売買、その日に決済、翌日にポジションを持ち越さない手法です。

昔はプロの機関投資家が行う手法とされてきましたが、以前は取引コストが高く、注文が滑って通らないというシステムの不都合もありました。

現在は、手数料0円の会社がほとんどで、スプレッドも下がりデイトレを一般の投資家が行える環境が揃いました!

日本人は外貨買いでスワップ益を狙うには投資家が多く、円高により資金維持ができずロスカットが相次ぎました。

デイトレが注目されるようになったもう一つの理由がサブプライムローンの破綻やギリシャ問題で、不景気により外貨が売られ円が大きく買われました。

勝つためには、スプレッドが狭いFX会社を選ぶ必要があります。デイトレを行うと、取引回数が多くなるので高いスプレッドが敵となります。

スプレッドが低い会社を選ぶことが利益を残す方法と言えます。

DMMFXは低スプレットで取引可能です。

外為オンライン

短期売買ならリスクを回避できる

短期売買ならリスクを回避

デイトレのメリットはリスクを回避できることです。相場が大きく荒れて危険を感じたらポジションを決済しましょう。

金利狙いの長期保有の場合や、含み損があまりにも大きい場合、決済をためらってしまうものです。

決済をためらっているうちに損失が膨らみ、ロスカットになってしまうトレーダがサブプライムローンの破綻やギリシャ問題で続出しました。

損失が限定されるデイトレでは危険を感じたらすぐに決済、相場が落ち着くのを待ったり、トレンドが強ければ反対のポジションを取ることで利益を取れます。

ポジションを次の日に持ち越さないので、冷静に相場に向き合うことができます。

利益の目安について

利益の目安

デイトレでは1回の取引で20~50pips程度の利益を狙います。

一回の利益幅は少ないですが、レバレッジをかけて大きな取引をすることにより、実際は長期運用より、短時間で大きな利益を上げることができます。

デイトレとは、パソコンの前に張り付いている必要がありますが、チャートでタイミングを見て得意なタイミングで売買を繰り返す方法です。

 少ない資産で大きな成果が出せる

 少ない資産で大きな成果

大きなメリットが圧倒的な資金効率の良さです。

FXは資金の25倍の投資が可能で取引手数料も安いです。

元手が少なくても細かく売買を繰り返すことで大きな利益を上げることができます。

資産が少ない一般投資家で成功されている方はデイトレを行っています。

チャートで実際の画面を見てみましょう

デイトレとは

2015年1月11日のドル円の60分足です。わかりやすいように白い線を縦に3本引きました。

下にあるチャートはMACDと呼ばれる売買のタイミングを表しているチャートですが、白い線の場所に下の赤い線(MACD)がクロスしているのがわかりますか?

ここが売買のタイミングで赤い線が青い線を下から突き抜けたら買いのサインです。

赤い線が青い線を上から突きぬけたら売りのサインです。

白い線の場所がサインの出ているタイミングです。サイン後、為替がサインの方向に動いているのがわかるでしょうか?

勝つ確率を上げるためにはスプレッドが狭い会社を選びましょう。DMMFXがほとんどの通貨で優秀といえるでしょう。

パソコンは2台モニターがおすすめです

2台モニターがおすすめ

スキャルピングは一瞬の判断で売買をする手法です。

トレーダーはチャートをテクニカル分析して売買をしています。

サブモニターでチャートを確認しながらメインモニターで売買の注文を出すと効率がアップします。

モニターの購入はお金もかかるので、利益が出はじめたらで良いでしょう。数秒で決済するスキャルピングでない限り、1台のパソコンでも充分に対応できます。

本格的にトレードを行うのなら2台のPCを用意するか、マルチモニター(一つのパソコンに二つのモニターをつなぐこと)を用意するのが理想です。

デイトレの考え方

デイトレの考え方

利幅を狭くするかわりに損失をより少なくして確実にプラスにしていくという戦略です。

効率良く稼ぐには確実に利益を確保する利食い設定だけでなく、損失を効率よく切り捨てる損切りの設定も必要です。

一回あたりの損失を小さくするということは利幅の設定より、損失の設定を狭くして損切りを細かく行うと言うことです。

スイングトレードなど期間が長いのである程度マイナスにいくことも想定して取引を行いますが、デイトレの場合はマイナスに行くと即損切りですから独特の相場感覚が求められます。

 デイトレのデメリット

 デイトレのデメリット

一回の利益が少ないので損切りをしっかりと管理しないと一回の負けで利益が全て吹っ飛んで逆にトータルでマイナスになることがあります。

間違った方向にエントリーしてしまうとすぐに損切りに引っかかってしまいます。

そのあとプラスに戻って「あの時損切りしなければ…」と思ったり、今度は損切りを設定していなかったら「どんどんマイナスになって強制ロスカットされた」

そのようなミスが多くなり負けが続いてしまうこともあるかもしれません。

デイトレは始めのエントリーに全てがかかっていると言っていいでしょう。

相場が向かっている方向を的確に捉える分析能力が必要不可欠です。

初心者の方もしくはこれから本格的にデイトレをする方には、ツールの活用が簡単で、低スプレッドなDMMで始めることをお勧めします。

デイトレのまとめ

デイトレのまとめ

20pips動いたら利益確定、10pips下げたら損切りというルールでトレードをしてみてください。慣れてきたらレバレッジを上げて取れるところは取るルールを自分で作ります。

テクニカル分析をしながら、自分に合うデイトレのルールを決めてトレードしましょう。

損切りだけをこまめに行えば、大損するリスクが少なくなります。

また、こまめな取引が必要になるということはすなわち、取引量が大きくなるということもありますので、

手数料もその分大きくなっていきます。

そこで、頻繁に売買を行うデイトレードを本格的に始めようという方におすすめのFX会社を紹介します。

デイトレーダー御用達のFX会社”DMM”とは?

DMMとは?

デイトレーダーの取引は一日に何度も行い利益を出すという手法を取ります。

売買時の手数料、すなわちスプレッドが小さければ小さいほどデイトレに向いています。

そこでおススメなのが、DMMFXです。

DMMFXのスプレッドは全ての通貨ペアにおいて業界最狭水準として有名で、

デイトレやスキャルピングのような短期取引をするトレーダーから大きな人気を獲得しています

また、初心者にも使いやすく、数多くの為替情報の細かい情報を分析ツールによって一目で確認できるため、プロのトレーダーにも大きな支持があります。

営業日は24時間サポートを行っており、サービスも充実しています。

FX初心者がデイトレの入り口として入るには、最もおすすめできる会社です。

FX@ランキングがおすすめするFX会社

初心者にお勧め「外為オンライン」のシステムトレード

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。始め方が本当に簡単です。自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

とにかく低コストヤフーグループの「YJFX!」

YJFX!

ユーザーの低コストを実現し、システム構築力で業界トップを狙うYJFX! とにかく人気通貨のスプレットが狭いので、取引コストも節約できます。また、 投資スタート額も通常の1/10の1000通貨からで、約4,000円から取引ができ、低資金でFXを始めることができます。 豪ドル/円などのスワップポイント(利息)も業界最高水準でもらえるので、長期運用でも選ばれています。 スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。 また、大きな特徴として、YJFX!を使えばTポイントが貯まるのも魅力です。

人気「FXブロードネット」のシステムトレード

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。米ドル/円、ポンド/円、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、自分で売買するトレードに比べて約3倍の利益が出るとして、FX初心者に特に人気があります。(公式サイト上で発表されています。)また、4,000円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。小さく、手軽に儲けたい方には特にお勧めのFX会社です。

-必勝法

Copyright© FX@ランキング , 2019 All Rights Reserved.